カケハシビジネスコラムBusiness Column

独立/開業情報

「フランチャイズと代理店・取次店の違い!似ているようで少し違うビジネスモデル」

 

ビジネスを展開する上で選択肢となる「フランチャイズ」「代理店」「取次店」。

これらは一見似ているように思えますが、実際にはそれぞれが異なるビジネスモデルを持ち、その運営方法、利点、リスクも大きく異なります。

 

この記事では、これら3つのビジネスモデルを理解し、それぞれの特性と違いを明確にすることで、ビジネスの成功へと繋がる適切な選択を支援します。

それぞれのビジネスモデルの定義、特徴、具体的な事例を通じて学び、最終的には自身のビジネスに最も適したモデルを見つけるための参考になれば幸いです。

 

 

1.フランチャイズとは

まずはフランチャイズがどのようなビジネスモデルなのかを見ていきましょう。

 

1-1.フランチャイズの定義

フランチャイズとは、ある成功したビジネスモデルやブランド(フランチャイザー)の運営権を他の企業や個人(加盟店オーナー)に許可するビジネス形態の一つです。

加盟店オーナーは、フランチャイザーから提供される運営ノウハウやブランドイメージを使用して自身のビジネスを運営します。

 

1-2.フランチャイズの特徴とメリット

■確立されたビジネスモデルの利用

加盟店オーナーは、フランチャイザーの成功したビジネスモデルを利用できます。

これにより、ビジネスをゼロから立ち上げる必要がなく、既に市場で受け入れられているビジネスモデルを活用して迅速にビジネスを開始できます。

 

■ブランド認知度の利用

フランチャイズでは、フランチャイザーの知名度やブランド力を活用することができます。

これは新規顧客の獲得やマーケティング活動を容易にする大きなメリットです。

 

■継続的なサポート

フランチャイザーは加盟店オーナーに対し、運営ノウハウの伝授やマーケティング、人材教育などのサポートを提供します。

これにより、ビジネスを運営する際の難易度を低減できます。

 

■リスクの軽減

加盟店オーナーは、フランチャイザーのビジネスモデルに従うことで、ビジネスを始める際のリスクを軽減することができます。

新規事業開始に伴う不確実性が少なくなるため、安定した運営が期待できます。

 

■独立経営者としての利点

加盟店オーナーは自己のビジネスを所有し、運営します。

したがって、経営者としての自由度を享受しつつ、フランチャイザーからのサポートを受けられるというメリットがあります。

 

1-3.フランチャイズのデメリットと注意点

■運営の自由度が制限

加盟店オーナーはフランチャイザーから提供される運営ノウハウやガイドラインに従う必要があります。

これは商品の取り扱い方から店舗のデザイン、プロモーション活動に至るまで詳細な規定があることが一般的です。

したがって、独自のアイデアを自由に展開することが制限されることがあります。

 

■フランチャイズ料の負担

加盟店オーナーはフランチャイザーに対してフランチャイズ料としての初期費用やロイヤルティを支払う必要があります。

これらの費用はビジネスの利益に直接影響を与えるため、しっかりと予算計画を立てておくことが重要です。

 

■フランチャイザーのビジネスパフォーマンスに依存

フランチャイズビジネスでは、フランチャイザーのブランド力やビジネスパフォーマンスに大きく依存します。

フランチャイザーの業績が下がると、それが加盟店オーナーのビジネスにも影響を与える可能性があります。

 

■契約更新の不確実性

フランチャイズ契約は一定期間で終了し、その更新はフランチャイザーの判断に委ねられます。

これにより、加盟店オーナーのビジネスの持続性が一定の不確実性を持つことになります。

 

1-4.フランチャイズの具体的な事例

フランチャイズの具体的な事例としては、ファストフードチェーンのマクドナルドやスターバックス、コンビニエンスストアのセブン-イレブンなどがあります。

これらの企業は、全世界にフランチャイズを展開し、そのブランド力と経営ノウハウを活用して大規模な事業展開を行っています。

 

 

 

 

2.代理店とは

次に代理店がどのようなビジネスモデルなのかを見ていきましょう。

 

2-1.代理店の定義

代理店とは、製造元またはサービス提供者(元手者)から販売権を許可され、製品やサービスを元手者の代わりに販売するビジネス形態の一つです。

代理店は元手者の商品やサービスを直接顧客に販売し、その売上から一定のマージンを取ることで利益を得ます。

 

2-2.代理店の特徴とメリット

■製品開発の負担軽減

代理店は製品の製造や開発を自社で行う必要がありません。

そのため、製品開発に関連するコストやリスクを回避でき、販売に注力することが可能です。

 

■製造元のブランド力

代理店は製造元のブランドや商品を利用することができます。

これにより、消費者に対する信頼性や認知度を短期間で確立することが可能になります。

 

■製造元の支援

一部の代理店契約では、製造元がマーケティングや販売に関するトレーニング、商品知識、宣伝資料等を提供することがあります。

これは商品の販売を効果的に行うためのサポートとなります。

 

■広範囲な商品ラインナップ

代理店は製造元の広範な商品ラインナップを取り扱うことができます。

これにより、一つの製品が不振になった場合でも、他の製品で収益を得ることが可能です。

 

2-3.代理店のデメリットと注意点

■在庫リスク

代理店は製造元から在庫の卸を受け、販売するケースが一般的です。

需要予測が難しい商品では、商品が売れ残るリスクが存在します。

 

■制約の多さ

代理店は製造元から商品の販売権を得ていますが、その代わりに製造元の方針やガイドラインに従う必要があります。

これは価格設定や販売地域、プロモーション活動などに制限があることを意味します。

そのため、ビジネスの自由度が一定程度制約されるでしょう。

 

■製造元のビジネス状況への依存

代理店は製造元のビジネス状況に大きく影響を受けます。

製造元の商品が市場でうまく受け入れられない場合、代理店の売り上げも直接的に影響を受けることになります。

 

■競争の激化

同じ製造元の商品を扱う他の代理店との競争が激しくなる可能性があります。

その結果、価格競争に巻き込まれ、利益率が下がることもあります。

 

■契約期間と更新

代理店契約は通常、一定期間の契約であり、契約期間終了後の更新は製造元の判断によるものです。

契約が更新されない場合、ビジネスの継続性に影響を及ぼす可能性があります。

 

2-4.代理店の具体的な事例

代理店の例としては、家電量販店や自動車ディーラーが挙げられます。

これらのビジネスは、各種メーカーから提供される製品を消費者に販売しています。

また、保険会社のエージェントも代理店の一例で、保険会社の商品を顧客に販売し、その成約によるコミッションを収入としています。

 

 

 

 

3.取次店とは

次に取次店がどのようなビジネスモデルなのかを見ていきましょう。

 

3-1.取次店の定義

取次店は、製品の製造元と最終的な販売店(または消費者)の間で商品を取り扱うビジネス形態の一つです。

取次店は大量の商品を製造元から購入し、小売店などに小分けにして供給します。

これは一種の卸売業とも言えます。

 

3-2.取次店の特徴とメリット

■流通効率化

取次店は製造元と小売店の間で商品の流通を担当します。

これにより、製造元は一度に大量の商品を取次店に販売することが可能となり、小売店は取次店から必要な量の商品を購入することができます。

これにより、全体的な商品の流通が効率化されます。

 

■在庫リスクの分散

取次店は製品の在庫を一手に管理し、小売店に対して必要な商品を供給します。

これにより、小売店は在庫リスクを大幅に減らすことができます。

 

■広範囲な商品ラインナップ

取次店は様々な製造元の商品を取り扱うことが可能であり、その結果として広範囲な商品ラインナップを提供することができます。

これは小売店にとって、消費者のニーズに幅広く対応できるメリットをもたらします。

 

■市場情報の集約

取次店は多数の製造元と小売店と接点を持つため、市場情報を効率的に集約する位置にあります。

これにより、市場動向の分析や予測、新商品の発見などに役立てることができます。

 

3-3.取次店のデメリットと注意点

■在庫リスク

取次店は製造元から大量の商品を購入し、小売店に販売します。

そのため、在庫リスクを負担することになります。

需要予測が難しい商品では、商品が売れ残るリスクが存在します。

 

■流通管理の困難さ

取次店は商品の流通全体を管理する役割を担っています。

そのため、適切な在庫管理や輸送手段の選択、商品の品質維持等についての責任が増大します。

 

■薄利多売のビジネスモデル

取次店のビジネスモデルは一般的に薄利多売型です。

つまり、一つの商品から得られる利益は少ないものの、大量の商品を取り扱うことで全体の利益を確保します。

そのため、大量の商品の売り上げを確保することが重要となります。

 

■製造元と小売店の直接取引の可能性

今日では、製造元と小売店が直接取引をするケースが増えています。

これは中間マージンを削減することで製品の価格競争力を高めるためです。

このような直接取引が増えると、取次店の存在価値や利益が減少する可能性があります。

 

3-4.取次店の具体的な事例

取次店の具体的な事例としては、書籍の卸売業者や食品の卸売業者などがあります。これらの企業は製造元から大量の商品を購入し、書店やスーパーマーケットなどの小売店に供給しています。

 

 

 

 

4.フランチャイズ・代理店・取次店の比較

最後にフランチャイズ・代理店・取次店の比較ポイントをおさらいしておきましょう。

 

4-1.各ビジネスモデルの共通点と相違点

フランチャイズ、代理店、取次店はそれぞれ異なるビジネスモデルを持っていますが、いくつかの共通点と相違点が存在します。

 

~共通点~

■間接的なビジネス構造

これらのビジネスモデルはすべて、製造元とエンドユーザーとの間に位置しています。

各モデルは製造元の商品やサービスを消費者に届ける役割を果たしています。

 

■ビジネスパートナーシップ

フランチャイズ、代理店、取次店はすべて、製造元と一定のパートナーシップを結び、その商品やサービスを販売する権利を得ています。

 

■製造元のビジネスパフォーマンスへの依存

これらのモデルは全て、製造元のビジネスパフォーマンスやブランド力に大きく依存しています。

 

~相違点~

■ビジネスの自由度

フランチャイズは製造元の詳細なガイドラインに従う必要があり、その自由度は比較的低いと言えます。

一方で、代理店や取次店は比較的自由度が高いと言えます。

 

■商品の管理

取次店は製品の在庫管理と流通を担当しますが、フランチャイズと代理店は主に製品の販売に重点を置いています。

 

■ビジネスモデルの具体性

フランチャイズは一つの特定のブランドやビジネスシステムを複製することを目指すのに対し、代理店や取次店は様々な製造元の商品を取り扱うことが一般的です。

 

これらの共通点と相違点を理解することで、各ビジネスモデルの特性や適用可能なビジネスシーンをより深く理解することができます。

 

4-2.選択するビジネスモデルによる影響とは

ビジネスモデルの選択は、事業の戦略、運営、リスク、収益性などに大きな影響を及ぼします。

具体的には以下のような影響があります:

 

■事業の戦略

フランチャイズ、代理店、取次店の各ビジネスモデルはそれぞれ異なる戦略を必要とします。

例えば、フランチャイズはフランチャイザーのビジネスモデルを丹念に再現する必要がありますが、代理店や取次店は様々な製造元の商品を組み合わせて市場に提供する戦略が必要になります。

 

■リスクと収益性

各ビジネスモデルは異なるリスクと収益性を持ちます。

例えば、フランチャイズは初期投資が大きい一方で、既存の成功したビジネスモデルを利用するためリターンも大きいと期待できます。

一方、代理店や取次店は初期投資が比較的少ないものの、製造元のパフォーマンスに大きく依存するリスクがあります。

 

■運営の自由度

ビジネスモデルの選択は運営の自由度にも影響を及ぼします。

フランチャイズはフランチャイザーのガイドラインに厳密に従う必要がありますが、代理店や取次店は自身で運営戦略を設定し、製品の選択や価格設定にも比較的自由です。

 

■市場への対応

フランチャイズでは、フランチャイザーのビジネスモデルを元に市場への対応を行います。

一方、代理店や取次店では、市場の動向や顧客のニーズに応じて製品ラインナップを調整することが可能です。

 

これらの影響を考慮し、自身の資源、能力、市場状況を評価した上で最適なビジネスモデルを選択することが重要です。

 

 

まとめ

フランチャイズ、代理店、取次店は、それぞれ特異なビジネスモデルを持つ一方で、製造元とエンドユーザー間に位置し、製造元のビジネスパフォーマンスに大きく依存するという共通点を持っています。

 

しかし、それぞれのモデルは運営の自由度、商品管理、ビジネスの具体性などで異なるのが特徴です。

ビジネスモデルの選択は、事業の戦略、運営、リスク、収益性に大きな影響を及ぼします。

したがって、個々のビジネスの目標とリソースに適したモデルを選択することが成功への鍵となるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

コラム最新記事一覧

新着案件情報

NEW

助け求む!供給不足&大反響で困ってます!未経験/副業/自宅開業OK

和紙屋 ~かずしや~

助け求む!供給不足&大反響で困ってます!未経験/副業/自宅開業OK

和紙屋 ~かずしや~

助け求む!供給不足&大反響で困ってます!未経験/副業/自宅開業OK

和紙屋 ~かずしや~

FC 副業

期間限定★急募/全国TVCMで話題!「ミラブルzero」

ミラブルzero

期間限定★急募/全国TVCMで話題!「ミラブルzero」

ミラブルzero

期間限定★急募/全国TVCMで話題!「ミラブルzero」

ミラブルzero

代理店 取次店 副業

紹介だけで月間収益が60万超可!超売れるマル秘トーク&アイテム提供中!

ニチガス・太陽光・蓄電池・その他インフラ

紹介だけで月間収益が60万超可!超売れるマル秘トーク&アイテム提供中!

ニチガス・太陽光・蓄電池・その他インフラ

紹介だけで月間収益が60万超可!超売れるマル秘トーク&アイテム提供中!

ニチガス・太陽光・蓄電池・その他インフラ

代理店 業務委託 副業

【店舗】成約率30%越え&継続率90%超えの店舗集客10商材

店舗集客なら「KURUMEO」

【店舗】成約率30%越え&継続率90%超えの店舗集客10商材

店舗集客なら「KURUMEO」

【店舗】成約率30%越え&継続率90%超えの店舗集客10商材

店舗集客なら「KURUMEO」

代理店 取次店 副業

【世界で初めて実証】オゾンで新型コロナが消えた!この世でただ1つの商材

空気清浄機能付きオゾン発生器

【世界で初めて実証】オゾンで新型コロナが消えた!この世でただ1つの商材

空気清浄機能付きオゾン発生器

【世界で初めて実証】オゾンで新型コロナが消えた!この世でただ1つの商材

空気清浄機能付きオゾン発生器

代理店 副業

2024年~さらに大注目!紹介だけなのに単発&継続のダブル報酬!

特定技能外国人 雇用総合支援サービス

2024年~さらに大注目!紹介だけなのに単発&継続のダブル報酬!

特定技能外国人 雇用総合支援サービス

2024年~さらに大注目!紹介だけなのに単発&継続のダブル報酬!

特定技能外国人 雇用総合支援サービス

代理店 取次店 業務委託 副業 その他

【紹介のみ&年間10万削減可の強力商材】でんき・ガス・水3大インフラ

エルピオでんきガス

【紹介のみ&年間10万削減可の強力商材】でんき・ガス・水3大インフラ

エルピオでんきガス

【紹介のみ&年間10万削減可の強力商材】でんき・ガス・水3大インフラ

エルピオでんきガス

取次店 業務委託 副業

だれでも週一稼働でネットショップ運営!円安・物価高で低リスク・高収益!

週一ビジネス<アクセス>

だれでも週一稼働でネットショップ運営!円安・物価高で低リスク・高収益!

週一ビジネス<アクセス>

だれでも週一稼働でネットショップ運営!円安・物価高で低リスク・高収益!

週一ビジネス<アクセス>

FC 副業